『訪問診療と在宅での看取り』

210816.jpg

8月16日(月)~8月20日(金)
『訪問診療と在宅での看取り』
東御市立みまき温泉診療所 総合診療科
齋藤 文護先生

訪問診療は通院が困難な患者さんのお宅に定期的に伺い診察をします。自宅で最期
まで過ごすためには患者さんの不安だけでなく、介護するご家族などの不安軽減も重要
です。患者さんの幸せには介護者の笑顔も含まれていることを考えてみましょう。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『フットケアについて』

210809.jpg

8月9日(月)~8月13日(金)
『フットケアについて』
信州大学医学部附属病院 循環器内科
加藤 太門先生

足の病気の発症を予防し早期発見し介入することで歩行を守り、健康寿命を延ばすこと
がフットケアの目的です。自分で状態を観察しケアできない場合は通院先のスタッフ
が担当することも少なくありません。足に関心を持ち、病気の早期発見につなげましょう。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『骨腫瘍と軟部腫瘍』

210802.jpg

8月2日(月)・3日(火)・6日(金)11:15~11:25<2回放送>・6日(金)
※特別編成のため一部放送日・時間を変更して放送します
『骨腫瘍と軟部腫瘍』
独立行政法人国立病院機構信州上田医療センター 整形外科
吉村 康夫先生

骨にできる<できもの>の骨腫瘍と筋肉、脂肪、血管などの組織から発生する軟部
腫瘍についてお話しします。骨腫瘍はケガなどで検査をしたとき偶然見つかることが多く
無症状なこともしばしばで、軟部腫瘍の多くは<腫瘤が触れる>というのが主症状です。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『新しい心臓カテーテル治療について』

210726.jpg

7月26日(月)・28日(水)~30日(金)・31日(土)のみ10:25~10:30
※いつもと曜日を変更して放送します
『新しい心臓カテーテル治療について』
信州大学医学部附属病院 循環器内科
三枝 達也先生

細長い管を血管の中に進めてバルーンやステントを用いて心臓に栄養を送る血管を
広げたりする心臓カテーテル治療。最近では心臓内部の構造異常がある疾患に対して
も安全に効果的な治療ができるようになりました。どのような治療か解説します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『ポリファーマシー』

210719.jpg

7月19日(月)~7月23日(金)
『ポリファーマシー』
厚生連南長野医療センター篠ノ井総合病院 総合診療科
小林 優人先生

必要以上に多くの薬が処方されている状態のため、場合によっては望ましくないことが
起こりうるという意味を含んでいる言葉が「ポリファーマシー」です。高齢化で複数の
病気を抱えている患者さんが多くなっています。是非この言葉を覚えて下さい。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

前の5件 1  2  3