TSBサッカー情報
全国高校サッカー
郷土から国立へ!
Vol.2 チームの方向性を変えた松本国際 2年前の大敗リベンジへ
郷土から国立へ!

今大会で101回目の開催を迎える全国高校サッカー選手権大会がいよいよ12月28日に開幕する。
長野県代表は2年ぶり5回目出場となる松本国際。
今年のチームはインターハイ出場は逃したものの県内では新人戦優勝の他県リーグ1部を制覇、選手権大会県大会優勝と県内3つタイトルを掲げ、県内No1のチームとして全国大会でも活躍を誓う。

今年のチームはメンバー全員が高い足元の技術を持ち個人技を持って相手DFをかわしながら細かいパスワークで相手ゴールに迫るテクニック集団だ。
県大会では5試合で17得点1失点と安定感のある試合運びを見せた。
攻撃の中心は県大会決勝で2ゴールを挙げたチームのエース高城泰史選手。
身長176センチと上背があるタイプではないがフィジカルの強さと時に強引ともいえるほどのシュートで何度もチームに勝ちをもたらしてきた。
「常にゴールを狙うどん欲さならだれにも負けない」と語る生粋のストライカー。
右サイドの岸琢斗選手とは小学校時代からのチームメイト、まさに阿吽の呼吸で相手ゴールに迫る。
その岸選手と左サイドの北村健選手は豊富なスタミナで攻守に貢献、共に足元の技術も高くサイドを切り裂くその姿はスタジアムを揺らす。
トップ下にも違いを作れるチームの10番矢越俊哉選手が控える他、中盤ではキャプテン二木楓選手が冷静に攻撃の士気を取る。

チームは2年前の99回大会で初戦に京都橘に0-6で敗れ「基本技術の違いを思い知った」と勝沢監督が話すように完敗を喫している。
この2年は練習メニューにドリブルの時間を設けるなど個人技術の向上を徹底。
「余裕を持ってボールを扱えるようになった」と二木キャプテンが話すようにピッチ上での冷静さには自信がついた。
2年前の全国大会でスタメンだった高城選手は「全国大会での悔しさは全国大会でしか晴らせない。ゴールを決めて会場を沸かせる」と意気込みは十分だ。

相手は13大会連続出場の鳥取県代表の米子北だが、「今年は神奈川出身の子が多いので初戦は(等々力陸上競技場では)ホームのように戦えるのでは」(勝沢監督)と全国の強豪相手にも気負いなく戦う準備は万全。

2年前のリベンジを果たしチーム最高順位でもある8位入賞を果たすことはできるのか注目だ。
  • 第101回全国高校サッカー選手権大会
  • 長野県サッカー協会 オフィシャルサイト