『パーキンソン病について』

211011.jpg

10月11日(月)~10月15日(金)
『パーキンソン病について』
厚生連鹿教湯三才山リハビリテーションセンター鹿教湯病院
脳神経内科
木下 朋実先生

パーキンソン病の主な4つの症状は手足が震える振戦、動作緩慢、筋固縮、姿勢反射
障害です。50歳~65歳ぐらいでの発症が多く、脳神経内科の診療で日常よくみられる
疾患です。「長く付き合う病気」ですが、適切な治療を行うことで症状がよくなります。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。