会社情報
放送番組審議会
 
放送番組審議会トップへもどる
 
第351回 テレビ信州放送番組審議会(概要)
■日 時■ 平成28年12月15日(木)
■場 所■ テレビ信州 本社(長野)
■出席委員■ 石川 利江 委員長、上田 秀洋 副委員長、川合 正敏 委員、関 由美江 委員、丹羽 洋介 委員、長谷川 敬子 委員、柳澤 勝久 委員、吉山 一輝 委員、(レポート)河村 洋 委員
■議 題■ 【合評番組】
チャンネル4「今再び!山極勝三郎博士 上田出身の映画人が迫る」
平成28年9月24日(土)9:30~10:25放送

【番組内容】
世界で初めて人工的ながんの発生実験に成功した上田市出身の医学者、山極勝三郎氏の人生を題材にした映画「うさぎ追いし 山極勝三郎物語」の制作現場に密着。
「映画の街」上田を舞台に、医学者の師弟愛や家庭愛、郷土愛を描く映画を上田出身のプロデューサーが完成させるまでを追いかけた。

【主な意見】

・山極勝三郎博士についてよく知らなかったが、映画の場面を組み合わせることによって、人物のイメージを捉えることができてわかりやすかったと思います。また、映画のプロデューサーが熱意を持ち、自らの時間や経費を費やし、その映画を応援する地元上田の人々の熱意によって山極博士の素晴らしさが伝わる番組になっていたと思います。

・番組のタイトルから、映画の制作者にもっとスポットが当たるのかと思っていたが、実際はその部分が少なかった。もっとプロデューサーや監督の実績などの紹介に時間を割いてほしかったと思います。

・山極博士の偉大な業績についていろいろな観点から迫ったので、映画の紹介とは違う意味で業績について認識できました。

・山極博士の生い立ちから東京大学医学部予科に入学したところまで説明が短かったし、病理学をなぜ目指したかについてもよくわからなかったので、もう少し詳しく紹介してほしかったと思います。

・映画の制作部分と山極博士の人物像と、2つのことを紹介したことによって少し中途半端になってしまったのは残念だったと思います。

・がん研究についての説明をもっと詳しく取り上げてほしかったと思います。

・今後も埋もれている地元の偉人を掘り起こす番組を制作してほしい。