会社情報
放送番組審議会
 
放送番組審議会トップへもどる
 
第337回 テレビ信州放送番組審議会(概要)
■日 時■ 平成27年7月23日(木)
■場 所■ テレビ信州 本社(長野)
■出席委員■ 藤澤 繁雄 委員長、上田 秀洋 委員、川合 正敏 委員、河村 洋 委員、関 由美江 委員、丹羽 洋介 委員、長谷川 敬子 委員、吉山 一輝 委員
■議 題■ 【合評番組】
チャンネル4「口福は母の味 一杯のみそ汁 かあちゃんの思い」
平成27年6月27日(土)9:25~10:25放送

【番組内容】
みそ汁や野菜が中心の昔ながらの食文化を伝える活動に取り組む長野市の女性を取材。
子育てをしながら、体験会などで子供たちと保護者に食の大切さを訴える姿を追った。

【主な意見】

・多くのNPOなどの団体名が登場したが、テロップで詳しく説明されていたのでわかりやすかったと思います。

・体験を重視した子供達だけで運営し、先輩から後輩へと伝承していく、その結果親の育成につながる。単純に食育だけに取り組むのではなく親にまでしっかりと根付かせる活動だということを感じました。

・番組の中にいろいろなテーマがあり、その内容が頻繁に変わるので、最後に見終わった時に残るものがわからなかった。もう少し、お母さんや家族のことについての内容があったほうが良かったと思います。

・3足の草鞋をはいている活動的なお母さんですが、インタビューの中で、お母さんの迷いとか、子供のアトピーでの苦労とか、明るい部分だけではない部分が出ていれば良かったと思います。

・「一杯の味噌汁プロジェクト」については知らなかったのですが、和食の基本の味噌汁をもう一度見直して、是非長野県だけではなく全国に広めていってほしいと思います。

・子供達が、将来の夢について、パン屋さんになる、野菜を作ってシェフになる、パテシエになると言っていますが、どんな花を咲かせるのか、実をつけるのか将来が楽しみで、明るく前向きな元気の出るいい番組だったと思います。